埼玉純真短期大学

Junshin なんでも!

埼玉純真短期大学
スマートフォンサイト
へは右のQRコードからアクセスできます。

在学生の方へ

同窓会(秋桜会)

理事長あいさつ

学校法人純真学園 福田庸之助 理事長

理事長挨拶文

学長あいさつ

埼玉純真短期大学 藤田利久 学長

同窓会(秋桜会)のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?
卒業生のみなさまのご活躍のおかげを持ちまして、本学学生も毎年、小学校・幼稚園・保育所・施設など、本学で学んだことを活かせる就職を果たし、卒業と同時に順調に社会への第一歩を歩んでおります。また、在学生も施設・保育所・幼稚園・小学校に実習生として、快く受け入れられております。
これもひとえに卒業生のみなさまのおかげと心より感謝申しあげます。

さて、昨年、創立30周年を迎えました本学は、今年は新たな次世代へと踏み出しました。これまでの本学の発展は卒業生のみなさまはじめ、地域の多くのみなさまからの多大なるご理解とご支援を頂いてのことと厚く感謝いたしております。

この新たな時代を迎えました本学は、卒業生のみなさまが学生として学ばれたキャンパスの様相も少しずつですが変化しております。

まず、正門を入るとキリンやクマ、そしてゾウなどの親子の石像が目に付くと思います。これは現代においてもっとも必要とされている「親子の絆」や「幼児教育者とこども絆」など「人間のつながり」を意識して、「こども学科」単科の本学をイメージしたものです。
玄関に入ると左手に本学の見学の精神「気品・知性・奉仕」が若い女性の躍動感にあふれた書で画かれております。右手には、長年、「日本昔ばなし」の作・演出をされていた前田康成先生の「河童のカエルレース」が目に飛び込んできます。これらは、本学の創立30周年を記念して飾り付けたものです。
玄関からまっすぐに通った廊下は明るく、大きく開かれた窓からはグリーンの芝生が目に眩しいくらいです。
みなさまが学ばれた教室の机はホワイトで、椅子はレッド・ブルー・イェローの3色を配置し、明るくポジティブなイメージで学びに積極的に取り組めるようになっています。

学生数の増加に伴い、「学生食堂」も従来の学食に加え、「学びの場」として「カフェテリア」と「教養実習室」と2部屋、それぞれ異なったコンセプトで作られておりイメージを一新しております。食器もプラスチックから陶器に入れ替え、メニューは洋風プレートをメインにしております。特に学生たち大人気なのが、本学で朝から仕込み、本学のキッチンから提供される「焼きたてクロワッサン」などの数種類のパンです。
日替わりのランチは390円(サラダ・ドリンク付き)、パスタプレートは380円(同じ)、クラムチャウダーやビーフシチュープレートもクロワッサンとサラダとドリンク付きで280円、パンは1個40円~120円と学生たちには値段も味も大好評となっています。
青い空をバックに色とりどりの草花や木々に囲まれながらのランチは学生たちに大人気で、いつも満杯の状態です。地域の方々も多くお越しになっています。

本学のこのような変わり様をご覧になりながら、お友達とのランチやクラス同窓会などで、ぜひ、本学のキャンパスをお使いいただければありがたいと考えております。

「純真の杜」には、前理事長で初代学長「福田敏南先生のレリーフ」が設置いたしました。
どうぞ、一度、母校の埼玉純真短期大学まで足をお運びくださいますよう・・・
心よりお待ち申しあげております。

同窓会長あいさつ

埼玉純真短期大学同窓会(秋桜会) 小林ひかり 会長

同窓会員の皆様には、つつがなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。
平素より埼玉純真短期大学同窓会秋桜会に、ご支援とご協力を賜りまして厚くお礼申し上げます。
同窓会の総会におきまして、会長職にご指名いただき、お引き受けすることに致しました、本学を平成4年に卒業いたしました小林ひかりです。

この秋桜会という会名は同窓会が発足された当時、昭和60年にはまだなかったそうですが、次の年に、当時の本校は今の緑あふれるキャンパスとは程遠いさら地に近い土地があちらこちらにあり、発展途上の状態でしたが、そんな中、創立の年から秋にきれいなピンクや純白のコスモスが咲き誇ることから、同窓会の名を秋桜会というのはどうでしょうという意見が出まして、命名されたそうです。卒業生達はこの美しい風景を胸に刻んで巣立っていきました。

コスモスの花ことばには純真な乙女という意味があります。また、コスモスには宇宙や、調和のある世界という意味があります。そんな素敵な願いが込められ、先輩達が築き上げてきた良き伝統を引き継ぐに当たり責任の重大さを感じています。

現在は6000人を超える秋桜会会員の皆様が母校に誇りを持ち、全国各地で多方面にわたりリーダー的存在として活躍しております。ご卒業と同時に同窓会にご入会いただきますが、在学中は準会員として同窓会と交流を深めていただきたいと思います。

25周年記念パーティでは第1期から第25期と期をこえて同席していることに感慨深いものを感じました。交流を深め懐かしい顔ぶれに皆さん終始笑顔で楽しいひと時が過ごせました。

ただ、これらの会を開催するに当たり現在かなり少人数での役員で会をこなしておりそれぞれ家庭や仕事を持ちながら頑張っています。ぜひ、一人でも多くのお手伝いがあると助かります。卒業生の皆様のお力をお貸しください。
これからも会員皆様一人一人が主役である秋桜会を盛り上げていきたいと思います。

皆様のご健康、ご活躍、そして埼玉純真短期大学の発展をお祈りいたしまして、挨拶に代えさせて頂きます。

ページのトップへ