今日の心がけ~職員のスピーチ~

「空腹力」をつける

2018.08.08

 医学博士の石原結實氏は、「空腹力」で集中力を

高めることを勧めています。

 お腹をすかせると、胃からグレリンという

ホルモンが出ます。グレリンが出ると脳の海馬の

領域の血行が良くなって、頭が働くというのです。

 「人類は空腹に耐えてきたから、いろいろ工夫したり、

ものをつくって文明を発達させてきた」と石原氏は言います。

 現代の日本は、飽食の時代といわれています。昼食を

多く食べ過ぎたために、眠くなってしまい、午後の仕事に

集中できなかった経験がある人も多いでしょう。

 暴飲暴食は病気に通じます。最高のコンディションで

働くには、健康であることが必須です。だからこそ、

量を意識的にコントロールすることが大切です。

 たとえば、前の日の夜に食べ過ぎた場合、翌日の食事は、

量を減らして胃を休める。また、重要なプレゼンテーションが

ある時は、食事の時間を早めたり、量を極力軽くするなどして、

集中力を高めるのも効果的です。

 自分なりに「空腹力」を活用して、コンディションを

整えていきましょう。

今日の心がけ◆集中力を高める工夫をしましょう
 『職場の教養』:一般社団法人倫理研究所より

 年間1700万トンもの食材が廃棄される飽食という言葉が

ピッタリです。簡単に食べ物が手に入る豊かな状況です。

 また、日本は三食食べることが決まりのように

言われていますが、三食食べないと体に悪いという固定概念は

捨てて、1食は軽くするように自分で調整することがいいそうです。

食材と体を意識して食事をしたいです。

事務局係長 田中淳一

OPEN CAMPUS

すべての日程を見る

受験生向けのお知らせ

一覧で表示

在学生向けのお知らせ

一覧で表示

閉じる
閉じる
閉じる