今年も羽生古城天満宮に大絵馬を奉納

羽生市役所近く、東町町内の羽生城址にある羽生古城天満宮は、
天慶3年(西暦940年)に創建された、1000年以上の
歴史のある天神社です。

天神社は、学問の神様として知られ、地元の人たちの信仰も厚く、
例年、地元の小中学生をはじめ、多くの人たちから
絵馬が奉納されています。

3年前から、東町町内会の依頼で、本学の学生が制作した
大絵馬を奉納していますが、今年も「漫画アニメ研究部」の学生が、
来年の干支である犬をモチーフにした大絵馬を制作し、
昨年暮れに奉納しました。

  

天神社の正面に、3年前から奉納した大絵馬と並んで、
四つの大絵馬が掲げられ、12月25日の「酉の市祭り」で
披露されることになりました。

境内には、羽生市立南中学校、西中学校、南中学校の3年生、
羽生市立北小学校、南小学校の6年生が書いた小絵馬が
沢山掲げられています。

  

羽生古城天満宮は、羽生市役所の北側、曙ブレーキの東側に
ありますので、みなさんこの大絵馬を見に行ってください。

シニアアドバイザー 佐藤 猛