埼玉純真短期大学が「現代日本風」になりました!!に関連した画像

埼玉純真短期大学が「現代日本風」になりました!!

「保育・教育の道へ進む本学学生のために季節行事の感じさせたい」
との思いので、先月クリスマスツリーをカフェテリアに飾りつけしました。

毎日クリスマスツリーのイルミネーションがキラキラと輝いていて
とてもきれいです。
ツリーの下には、学生たちが関根先生と浅井先生の授業で作製した
プレゼントがたくさん並べてあります。

25日の朝には「良い子」がみんなツリーの周りに集まって
先生から一人ひとりプレゼントをもらうのでしょうね。
その楽しそうな風景が今から目に浮かぶようです。

クリスマスツリー1 クリスマスツリー2

こんな洋風な雰囲気に包まれている埼玉純真短期大学ですが、
本日、日本の正月行事、松飾を学生玄関前に
BiZ高山さんと力持ちの男性教職員で飾り付けしてくださいました。
クリスマスツリーの飾り付けをご指導してくださった高山さんです!
ここだけの内緒の話ですが、高山さんのご主人は神主様だそうですネ
高山さんはいつお会いしても、ニコニコと笑顔でかわいく、
テキパキと仕事をこなす・・・ほんとうに素晴らしい女性です。
女性として憧れの存在です。
個人的なことですが、わたしはガーデニングに興味があるので
高山さんにガーデニングのお話を聞きたいな~と、いつも思っています。

ところで、みなさん!
この「松飾り」や「門松」のことを知っていますか?
私も小さい時、祖母からいろいろと話してもらったような気がしますが、
いまではすっかり忘れています。
そこで調べてみました。

門松(かどまつ)とは、正月に家の門の前などに
立てられる一対になった松や竹の正月飾りのこと。
松飾りとも言われる。
古くは、木のこずえに神が宿ると考えられていたことから、
門松は年神を家に迎え入れるための依り代(ヨリシロ)という意味合いがあるそうです。

設置して頂いた門松を見に行くと
「6尺程で大きく立派だよ!!」と言う学長の言葉に
6尺がどのくらいかな??と、頭の上に「??」が並んでしまいました(笑)。
「尺」という単位は聞いたことがあっても「センチ」や「メートル」で育った
私には「???」で、
「ん~…どう説明しよう…」と考えていたら…

ちょうど安倍先生が近くを通りかかったので
安倍先生にお願いして… m(__)m

門松に並んでもらいました
(安倍先生、素敵な笑顔をありがとうございます!!)

安倍先生1 門松1
門松2 門松3

171センチの安倍先生より大きいので
門松は180センチくらいあるかな??
太い竹の横には、カワイイ梅の木(まだ蕾です)が並んでいます。

おめでたい「松竹梅」だそうです。

安倍先生2

入口の両方に大きな門松が飾られているのはとても立派で、
なんだか貫禄がありますよね。

今は、大きなクリスマスツリーと大きな門松があるので
埼玉純真短期大学は「現代日本風」の雰囲気に包まれています。

本日はお昼にカフェテリアで小澤ゼミの学生たちが
クリスマスランチタイムコンサートを行っています。
サンタさんやトナカイさんのコスチュームに身を包み、
ジングルベルからホワイトクリスマス、そしてWe wish you a Merry Christmasなど
楽しく、明るく演奏をしています。
聴いている学生たちも手拍子を打ってノリノリです。

歌を歌ったり演奏したり、楽しく賑やかなランチタイムでした!!

実習指導室 松原みゆき,林 真麻

埼玉純真短期大学が「現代日本風」になりました!!

2012.12.19

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook