保育実習伝え合いを行いました

12/15(金)に1・2年生合同の「保育所実習伝え合い」を行いました。
この伝え合いの目的は、
「2年生の実習成果を1年生に伝えることにより、 2年生は実習の
まとめを、1年生はこれからの実習の参考にすること」を
目的としています。

伝え合いでは、実習を終えた2年生と同じ保育所で
実習を予定している1年生がひとつのグループになり、
実習保育所の概要や気を付けることなど2年生から1年生へ
じっくりと伝達しました。

2年生の実習保育所と1年生の実習予定保育所が
一致しない場合には、同じ市内や近隣地域の保育所別に
振り分けをし、グループを作りました。

2年生が作成したプリントや日誌を1年生に見せながら
できる限り詳しく 説明してくれるのを、
1年生はメモを取りながら真剣に聞いていました。

2年生からの実習にむけての知識や技術面でのアドバイスは、
ピアノや指導案、絵本、紙芝居、手遊びなどを
あらかじめ十分に準備しておくことなどでした。

この伝え合いでは、
2年生の先輩の実習での失敗談や反省点などの話もあり、
1年生は漏らさないように必死に聞き、メモを取っていました。

ほとんどの2年生が、重要な実習心得として、
「笑顔を忘れずに」
「時間厳守」
「分からないことがあったら、すぐに聞く」
「積極的に行動する」
「元気と笑顔で実習する」
「ピアノ、絵本、紙芝居、手遊びの事前準備をしっかりとする」
「指導案は早めに作成し、決められた日に必ず提出する」
など、沢山のアドバイスをしていました。

これらの2年生のアドバイスに対して、1年生も心配な事、
不安な事などを 2年生に積極的に質問をしていました。

1年生は来年の6月末には保育所実習(前半)があります。
殆どの1年生の保育所実習予定先がもうすでに決まっています。

ピアノや手遊び、パネルシアターやペープサートなど今から出来る
準備をしておくとよいですね。

2年生は、残り3か月の短大生活となりました。

施設実習、幼稚園実習、保育所実習
それぞれの実習を乗り越えて成長し、来年4月からの保育者としての
自信につながっていると思います。

今日の伝え合いで、振り返った事を、
4月からの保育者としての仕事に生かしてほしいと思います。

  
  

実習指導係 林

幼稚園実習伝え合い

8月4日(金)の3時限目に「幼稚園実習伝え合い」が開催されました。

1年生は、
9月4日から5日間の幼稚園前期(観察)実習がスタートします。

実習に向けて、先輩から後輩へ実習の注意事項など、
アドバイスをしてもらいました。

まず、2年生がパワーポイントで、幼稚園実習に向けて、
準備したほうがよいもの
(自己紹介で使うペープサート、絵本、手遊び、ピアノ)、
実習で使うおすすめな絵本や手遊びを紹介してくれました。
年齢に合った本や紙芝居を子どもへ飽きさせない読み聞かせ方、
手遊びをするときの注意点など、
実習で学んだこと、失敗談や反省点の話があり、
1年生は真剣に耳を傾けてメモを取る姿がありました。

  

先輩からの注意点は次のようなことがありました。

〈手遊び〉
・ゆっくりわかりやすく行う
・大きな声で笑顔で行う
・子どものペースに合わせ、顔を見ながら行う
・鏡になるように

〈絵本・紙芝居の読み聞かせ〉
・抑揚をつけて読む
・本は子どもの見やすい高さで読む
・子どもの問いかけは、内容が途切れない程度に答える。

〈ピアノ〉
・子どもの様子を見て歌いながら弾く
・歌の始まりの合図する(「さんはい」等)

他にも日誌を書くポイント、実習に望む態度、事前準備で必要なことを
実体験を交えながら話してくれました。

このパワーポイントでの発表ご終了後、
各クラス(地域ごと)に分かれ、
伝え合いをグループワーク形式で行いました。

1年生にとっては初めての実習になるため、
先輩から話を聞くことができ、
少し安心した様子と、これから実習へ望む意気込みが感じられました。

  

2年生も幼稚園実習を振り返ることで、
これから控えている保育所実習(後期)や
就職へ向けて大いに役立つもとのなったでしょう。

1年生は幼稚園前期実習、2年生は保育所後期実習に向けて
頑張ってくださいね。

実習指導係 加藤

<東別所幼稚園>髙草木園長先生の講演会

6/13(火)の「実践研究:幼稚園」(持田・金子先生担当)の授業に
群馬県太田市から「東別所幼稚園」の髙草木順子園長先生、
髙草木亜弥副園長先生、稲村先生の3名の先生に
お越しいただき、1年生に講演をしていただきました。

稲村先生は平成22年度の本学卒業生で今年で卒業生の7年目の中堅です。
現在、「スマイル幼稚園」で主任として活躍しているそうです。
久しぶりの埼玉純真を見て、バスがある事、教室が綺麗になって
いる事など驚いてていました。

本日の講演では、実習生としての心構えなどパワーポイントを使って
分かりやすくお話していただきました。

夏休み後半の9月に初めての幼稚園前期(見学)実習が5日間あります。
その実習に向けての心構えなど大切なお話でした。

『こんな実習生は困る!!』という内容では、
・挨拶、返事ができない実習生
・日本語がきちんとできない実習生
・身なりがきちんとしていない実習生
・時間にルーズな実習生
・私語が多い実習生
・やる気のない実習生
・常識のない実習生
・雰囲気、オーラのない実習生
・目的意識のない実習生
・文章が書けない(誤字脱字が多い)実習生
・空気が読めない実習生

『こんな実習生ならいいなぁ~』という内容では、
・明るく元気でテキパキと…(表情が明るい)
・身なりが清潔、きちんとしている
・観察力がある(きちんと記録がとれる)
・挨拶がしっかり出来る
・学生らしさを持っている(清々しい)
・感じた事、見た事をしっかり表現できる
・新しい楽しい雰囲気を園に投影できる
・気づく心が持てる実習生
・大学で学んでいる事が実践できる
・子ども達と進んで関わろうとする実習生

など、“Do’s” and “don’ts”を実際に実習生を受け入れている
先生より沢山のアドバイスをいただきました。

実習生は《笑顔・返事》が一番大切。
受け入れてもらったことに感謝の気持ちで実習に臨むこと。
出来る出来ないは別としてどんどん質問をしてやる気をみせる
ことも大切ということです。

「幼児教育に携われる仕事は、どの仕事より№1の仕事、誇りと
自信を持ってやっていける仕事」という園長先生の言葉が印象
に残りました。

お忙しい中、貴重なお話をしていただきありがとうございました。
1年生の学生は、9月にあります幼稚園前期実習に向けて気が引き
締まったようです。

本日の講演の内容をしっかり確認して実習に臨めるよう頑張って
欲しいと思います。

   
   

講演を聴いているときの1年生の真剣な目つきや態度をみて、
今年の1年生も実習に頑張って臨めると確信しました。

実習指導係 林

★東別所幼稚園の講演の感想★

今回の講演で、人間の嬉しい、楽しい、悲しいなどの感情は、
幼児期で80%決まるという話を聴きました。

私は、この講演を伺うまで、母園が人生の出発点だとは
思ってもいませんでしたが、今、考えてみると、
私が気が付かないうちに母園での生活が
私の感情の80%を育ててくれていたのだと思えました。

このことから、保育士や幼稚園教諭というのは、
子ども達の将来を預かる事ができるとても素晴らしい職業だと
感じました。

私は、このような素晴らしい職業に似合う人間になれるよう
日々頑張ります。

東別所幼稚園の先生方、ありがとうございました。

1年B組 静 優